ボクのブログアカデミアで用意している3つのカテゴリーの内、この『ブログの応用技術』だけはちょっと特別です。

他の2つのカテゴリー『環境設定』『基礎知識』は主に設定作業です。
「このボタンを押して・・・」
「入力する項目は・・・」
「これを選択して・・・」
などのように画面のボタンやドロップダウンを選択すればできるものでした。 

しかし、ここで解説していく応用技術のカテゴリーでは『プログラミング』に重きを置いています。
これがどう違うのかというと『同じことをするにも複数の選択肢がある』という点です。

5科目で例えると『環境設定』『基本知識』のカテゴリーは数学的な特性がありますが、
『応用技術』は国語的な特性があります。

つまり『応用技術』では回答は一つではないということです。

文字を赤色にするだけでも、いくつもの選択肢があります。
「HTMLにすべて記述する」
「CSSに記述する」
「タグを分けて記述するのか」

このようにプログラミングには決まった書き方がないので、勉強を進める程どう書けばいいのか頭の中でこんがらがってきてます。
そして嫌になっていくことがあります。

でも、安心してください!
ブログアカデミアではそうならないように丁寧に解説していくつもりです。

一緒にワンランク上のカスタマイズができるように頑張っていきましょう!

HTMLでブログ構造:Hyper Text Marked Language

htmlの記事一覧はこちら>>
del&s

HTML:取り消し線

“取り消し線”を使えば記事の訂正・更新ができる上に、アピールもできるのでしっかり身に付けてください。
詳しく読む >>
li

HTML:リストの書き方

記事を書くときに”リスト”があると箇条書きでわかりやすい内容にできます。リストはよく使うのでマスターしましょう。
詳しく読む >>

CSSでブログデザイン:Cascading Style Sheets

CSSに関する記事一覧はこちら>>